小学1年生の日常

シングルファザー

もう1ヶ月が経ちましたが、

4月に息子が晴れて小学1年生となりました。

ランドセルを背負って、毎朝徒歩で学校へ向かっています。

4月中は、毎日途中まで送っていきましたが、

5月GW明けからは、一人で通学。

その背中は、たくましく見えると同時に、

一人で大丈夫かなと不安もまだ残っています。

昨日も滋賀県で痛ましい事故がありました。

言葉にならないですね。

ネットで見つけたんですが、

小学1年生の事故は4月よりも5月のほうが多く、

その数は4月の2倍にも昇るようです。

昨年までの10年間に、県内の小学1年生が歩行中や自転車で事故に遭った件数は計269件で、月別では5月は4月に比べて倍になることが、滋賀県警への取材で分かった。担当者は「5月は学校生活に慣れ始めた時期で、一人で出歩く機会も増えるため、注意が必要」と呼び掛けている。京都新聞

 

毎日気をつけるよう伝えていきます。

パートナーとの3人ぐらし

さて、シングルファザー歴3年の私も、

3月末から再婚へ向けて、パートナーとの同居をはじめました。

息子との3人ぐらしです。

双方の両親から、反対も当然ありましたが、

べつに駄目だったらすぐ同居を解消すればいいやくらいの気持ちではじめました。

もともとバツイチ同士なので、ぼくは結構気楽です。

パートナーはやはり結婚が前提で動いていますから、

ちょっと温度差感じますけど。

ここまでのところは順調に来ています。

息子は月に2回程度ママと面会しています。

パパもママも僕のパートナーのことも好きだと言ってくれています。

自我が芽生えて、いろいろな情報が入ってきて、

今の気持ちがどう変わるかはわかりませんが、

その時その時の、息子の気持ちを大事にして向き合っていきたいですね。

一方、パートナーの方も、息子との距離のとり方を結構悩んでいます。

僕も悩みます。

「新しいママでーす」って感じでもないですし。

そういう定義は特にないけど、いい形で家族になれればいいかと思っています。

疲れて速攻寝るようになりました。

4月は4時限目までの授業で、給食後に帰宅。

13時半には自宅にいました。

その後友達の家に遊びに行ったり、友達が遊びに来たりして楽しんでいます。

5月に入ってからは5時限の授業で、帰りは15時ころ。

それでも友人とは頑張って遊んで、

18時ころ夕食の時間には疲れてくたばっています。

一応チャレンジと計算ドリルを毎日やっているので、

勉強する習慣はついてきましたが、

朝や夕方、僕のランニング時に一緒に行こうよと誘ってもなかなかつれません。

僕もママも運動は結構できる方なので、

ポテンシャルはあると思うのですが、

運動会の練習では、ビリになってしまったとか。

小学生のかけっこなんて、本人のやる気次第で順位は全然変わってくると思うので、

気持ちを前向きに促して行きたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました